ホーム > ニュース・お知らせ > ユニバーサルマナー検定資格への取り組みについて

ニュース・お知らせ

ユニバーサルマナー検定資格への取り組みについて

2019年04月01日
株式会社ベスト電器

 株式会社ベスト電器では、店舗で働く従業員を中心に、高齢の方や障がいのある方をより深く理解し、お客様一人ひとりに配慮した真心のこもった対応を実践する「ユニバーサルマナー検定3級」(主催:一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会(大阪市)代表理事:垣内俊哉氏)の資格に取組み、その資格者が150名を超えましたのでお知らせいたします。家電量販店での当検定取得は、業界初の取組みとなります。
 今後も資格取得者を増やし、お客様満足に繋げて参ります。

ユニバーサルマナー検定とは

「ユニバーサルマナー検定」とは、高齢者や障がい者への基本的な向き合い方やお声かけ方法を、障がいのある当事者講師から学ぶ資格検定です。ユニバーサルマナーの習得を通し、多様なお客様の視点に立ったコミュニケーションを理解し、求めている配慮を実践していくことが望まれます。